夏のボーナスが23年振りに…

なんだか景気の良いニュースが入ってきました。
なんでも、今年の夏のボーナスが1991年以来の伸び率だったということで、景気は本当に回復しているかも…と淡い期待を抱いてしまうようなものです。

でも、ボーナスといったって中小企業では出ないところもたくさんありますし、アベノミクスで恩恵を受けたのは大企業ばかりだということを考慮すると、このボーナスも結局は大企業の数字がかなりの割合を占めている訳で、そう考えると一部の人しか景気が良くないのかも…と思ってしまいます。

円相場は今も下落を続けていまして、円が安くなればなるほど海外で日本製品が安くなる訳ですから当然売れますよね。そうなれば、その製品に関わっている企業は儲かる訳ですが、円が安くなることにより売り上げが減ってしまう企業もある訳です。そんな会社のボーナスが上がるはずもなく、結局は単なるメディア操作なのかもしれません。こういうニュースを見ると世の中は景気が上向いてるんだ…と少なからず財布の紐が緩む方も多くなると思いますからね。

お金を使うということは経済にとって非常に良いことですが、一部の人だけが恩恵を受けているものを日本全体が恩恵を受けているように見せるのは如何なものでしょうね。

ここ20年くらいの日本経済はやっぱり衰退していて、たまに景気が上がったなんてニュースを見ますけど、地方で働いている人にとってはやっぱり生活は厳しいままです。

日本にとっての本当の意味での景気回復は、やっぱり為替に関係なく日本製品が売れ、そして多くの観光客が日本を訪れ、雇用も安定し、年金などの将来も安心して暮らせることなのではないでしょうか。今回のような23年振りにボーナスがどうのこうのということがニュースになっている事自体、景気が本当の意味で上向いていない証拠なのかもしれませんね。

実質年率でキャッシング比較をしてみよう

今すぐお金が必要だとしても金利についての正しい理解をしてから借りましょう。キャッシングの比較で一番重要となるのは実質年率でしょう。
これは年利のことであり、実質年率15.0%というのは、返済せずに放置しておくと1年後には借金が115%になるという意味です。
100万円ならば15万円の利息が発生して、115万円になるのです。
実質年率が13%だと113万円になり、15%の場合と比較して2万円も差が生じます。
年間2万円ですから、月額で計算しても1,600円以上は違ってきます。
利息というのは返済額にそのまま上乗せされるので、1%でも低金利で借りたほうが絶対にお得なのです。
実質年率を見てみると、銀行は特に低くなっているのがわかるでしょう。
3.8%~13.8%、4.6%~14.6%といった設定になっており、15%超えの金利はあまり見られません。
銀行以外の金融機関ですと15%超えが当たり前なので、低金利で借りるためには銀行で借りるメリットが大きいことがわかります。
金利表記を見ると、年利、実質年率、利率など、いろいろな表記を見かけますが、これらの意味はすべて同じです。
同じキャッシングなのに金利に4.6%~14.6%というように幅があるのは、融資額によって金利設定がかわってくるからです。
500万円借りれば4.6%の適用となる可能性がありますが、10万円で4.6%になることはありません。
10万円の場合は、14.6%の適用になると考えておくといいでしょう。
借入額が大きいほど低金利、小さいほど高金利になるのがキャッシングなのです。

今日はちょっと不思議な金の話

今日は金は金でもちょっとだけ不思議な金にまつわる話をしたいと思います。

先日友人と話していた時のことなのですが、
このブログのタイトルにもなっている話題になりました。

それは「金太郎」の話。

皆さんに質問です。
桃太郎ってどんな話か分かりますか?

おじいさんが山へ芝刈りに…
おばあさんが川へ洗濯に…

という始まりで桃から生まれた桃太郎が
猿、雉、犬を連れ鬼が島へ鬼退治に行く話ですよね。

誰でも知っている話です。

では浦島太郎はどんな話か分かりますか?

いじめらていたカメを助け竜宮城を連れていってもらい、
そこでもらった玉手箱を開けるとおじいさんになってしまう…
こういう話ですよね。

これも知っている人がほとんどだと思います。

では…ではですよ?
金太郎の話ってどんな話か知っていますか?

…知らなくないですか?

お恥ずかしい話ですが、
私はブログのタイトルにしているにも関わらず、
金太郎の話がどんな話か答えることが出来ませんでした。

しかもこれって、
きっと私だけでなくてほとんどの人がそうなのではないでしょうか?

なんとなく、マサカリと持って熊にまたがってるイメージはあるものの…
いくら考えても金太郎のストーリーが見えてこない。

なぜなんでしょう。

これには諸説ありますが、
おおまかに言うと金太郎の話が面白くないから…
ということらしいです。

ストーリーが面白くないから幼少の頃の私たちの頭の中に残っていないらしいです。

言われてみればそうなのかも…。
なんて思ってしまいますが、果たしてつまらないだけでこうまで記憶にないものでしょうか。

言ってみれば桃太郎も浦島太郎もそこまで面白くないですよね?
金太郎はそれ以上に面白くないということなんでしょうか。

謎ですよね。
ミステリーですよね。

え?金太郎の話がどんな話かって?
それは自分で調べて下さい。

今後金太郎の話がどんな話か言えるように…。

キャッシング用語集

キャッシングを利用したことがある方も、ない方も、これから利用しようとお考えのあなたも必見です!

その業界ごとにさまざまなワードがあると思いますが、キャッシング業界にも実にさまざまな専門用語があります。

キャッシングをする際に、基本的なワードを押さえているのといないのでは、全然違います。

でも、いざ勉強しよう!と思っても・・・たくさんありすぎてどうすればいいの?と思う方も多いと思います。

そこで、今回は是非知っておいて頂きたい「キャッシング用語」をピックアップして集めてみました。このキャッシング用語集を押さえておけば、何も心配いりません!

では、早速まいりましょう。

<キャッシング用語1、実質年率>

消費者金融会社やクレジットカード会社のホームページを見ていると良く目にする言葉だと思いますので、ご説明しますね!

実質年率とは、年金利回り法によって計算された、実際にあなたが支払っていく利息を計算したものです。

毎月きちんと借入金を返済していれば、合計の借入金額はどんどん下がっていくと思います。それをきちんと想定して計算したものになるので
誤差があまりないので、借入前にきちんと確認しておく必要があるのです。

<キャッシング用語2、フリーローン>

フリーローンという言葉を最近よく聞くようになりましたね。キャッシングの方法としては多くの方に利用されている方法です。

フリーという言葉から想像つくと思いますが、借り入れたお金の使い道は自由で、旅行や結婚、また他のことでも自由に使ってよいというのです。

ただし、他のキャッシング会社から借りた借金の返済や、事業開始金にすることは禁止されています。最近では、無証人・無担保・使用目的は自由という私たちにとって、とても便利なローンプランも出てきたこともあって、キャシング利用者が増えてきたのですね~!

<キャッシング用語3、即時金融>

即時金融とは、最近多くの人に受け入れられている融資方法です。昔は、融資の申し込みをしてから審査が終了するまで結構な時間がかかっていたイメージがありますが最近は、申し込んでから、口座に借入金が入金されるまでかなり短期間で済ませることが出来ます。

最近では、即日キャッシングも増えてきていて、とても便利になりましたよね~!

ですが、この即時金融を行っているのは、消費者金融や銀行系キャッシングが多いので、銀行から融資を受ける際にはもう少し時間がかかってしまう場合もあります。

以上、今回は是非知っておいて頂きたい「キャッシング用語」をピックアップしてお送りしました。まだまだキャッシングに関する用語はたくさんあるのですが、少しずつきちんと頭の中に入れて頂きたかったので
今回は厳選した3つのワードをご紹介してみました。どれも、消費者金融のホームページなどでよく見かけると思います。

知っているのといないのとでは全然違いますので、その内容を覚えておくことをおすすめします。気軽に利用できるキャッシングですが、準備期間を踏むことによってよりお得に、そして安心して利用することが出来ますよね!

 

松坂大輔は今…

かつて甲子園決勝でノーヒットノーランをし怪物と呼ばれ、
日本球界を震撼させメジャーへと渡ったあの松坂大輔は今どうなっているのだろうか。

ワールドベースボールクラシックでもMVPを2年連続受賞、
レッドソックスでも活躍したあの松坂でさえ活躍しなくなればテレビにも出なくなってしまいます。

そう考えると毎年コンスタントにスポーツニュースを賑わすイチローはやはりすごいとしか言えません。
スポーツ選手は一線を退けばメディアにほとんど露出しなくなります。
それにも関わらず90年代前半からニュースに出続けるイチロー…、やっぱりすごい…。

で、本題の松坂ですが、2007年に海を渡り1~2年は活躍したもののそこから少しずつ成績を落とし、今ではニュースにすら出なくなってしまいました。レッドソックス時代は活躍はしなくてもやはり松坂大輔だけあってそれなりにメディアに出ていましたが、今ではどこのチームに属しているかすらわからない人も多いのではないでしょうか。

彼は今かつて新庄や松井稼頭央が在籍したことのあるニューヨークメッツにいます。
しかもメジャーではなくマイナーにいます。
実は野茂もニューヨークメッツに在籍していた時期があります。
でも野茂といえばやっぱりドジャースの印象が強いですよね。

それはさておき、
いよいよお金の話をさせて頂きますが、
松坂は今いくらもらっているのでしょうか?
日本からメジャーへの移籍当時はポスティングで60億円、6年契約で60億円という超大型契約でした。
6年で60億ということは年俸は10億円ということになります。

そんな松坂の現在の年俸は1,000万円です。
マイナーで、しかも近年活躍のない選手でもこれだけ貰えるのですから、さすがメジャー、さすが松坂といったところでしょうか。

それにしても全盛期の1/100の収入になってしまったんですね。
それでも一般人に比べればそれなりにもらっている方ですけどね。
そして、かつて稼いだ蓄えもあるからお金には困らないでしょうし…。

やっぱりお金を手にするとモチベーションの維持って難しいんですかね。
お金が好きか野球が好きか…。
それがイチローと松坂の決定的な違いなのかもしれませんね。

私、金太郎と申します。

私、サラリーマンをやっている金太郎と申します。
サラリーマン金太郎というとそのままになってしまうので、ブログ名はあえて金太郎とさせて頂きました。なんで金太郎かというと、ただ「金」という文字が入っていて語呂が良かったからです。このブログはお金にまつわる話を更新していこうと思っているのでどうしても「金」の文字を名前に入れたかったのです。ボキャブラリーがない私は「金」が入っている名前というと金太郎しか思い浮かばなかったもので…。すいません。

と、こんな感じでちょっとつまらない私ですが、一生懸命お金にまつわる話を書いていこうと思っています。

第一回目の今回は何を書こうと思ったのですが、やっぱり今話題のこれじゃないですかね。

外国人労働者を受け入れるとかなんとかって話です。

なんでも、今日のニュースでは外国人労働者を幅広く受け入れる施策の本格検討に入ったそうで、おいおい…って感じなんですが、実は今って震災などの復興支援とかって人材が不足しているらしいですね。しかも2020年には東京オリンピックがありますので建設業界は雇用がものすごくあるんです。

そう考えると賃金が安い外国人が欲しいというのは分かるのですが、うーん…と言った感じです。確かに目先の復興支援や東京オリンピックは重要です。しかし、そこで生まれたせっかくの雇用を外国人に分け与えてしまって良いのか…。人手不足とは言っているものの、該当しない地域ではやっぱり仕事が無い訳で、それをなんとか日本人で賄うということは出来ないのでしょうかね。

結局ここでも外国人に仕事のノウハウを持っていかれ、結果的に日本が困窮するということにならないのでしょうか。まさに家電業界の二の舞です。

目先のことだけじゃなく、もうちょっと先の未来を見据えて政治をしてほしいものです。

ま、今の政治家にとっては10年後や20年後のことなんて関係のないことなのかもしれませんけどね…。