ケルン大聖堂は偉大だ

ドイツにあるケルン大聖堂の正式名称は、ザンクト・ペーター・ウント・マリア大聖堂といいます。現在のケルン大聖堂を構想した人物は、ゴシックの技術と造形を学んできたゲルハルト・フォン・ライルと呼ばれる工匠だったそうです。

ケルン大聖堂の印象はというと、とにかく大きい!さすがに世界最大級の大聖堂といわれるだけのことはあります。しかも単に大きいだけでなく、細部の彫刻はとても精密で、人の目が届かないようなところまで装飾がしっかりと施されているほどです。金属を使わず石を積み上げて築いたこの大聖堂は巨大かつ神秘的なのです。まずは周囲を散策しながら、ゴシック建築を存分に味わうのもいいかもしれません。そして中に入ってみれば、厳かな雰囲気に圧巻することでしょう。内部もすばらしいゴシック様式で天井が高く広い空間、柱や柱の装飾、ステンドガラスはとても素晴らしく、吸い込まれるような感じがするほどです。

また時間があれば、上に上ってみることをお勧めします。螺旋階段をひたすらのぼりますが、疲れたら途中の鐘楼で休憩することができます。最上階からはケルンの市街のパノラマが一望できます。

花粉症の鼻づまりに大根おろし

花粉症に推移してきついとされているのは、鼻づまりです。花粉症の鼻づまりにお薦めできる薬も存在するのですと言うのに、鼻炎薬のいっぱいは眠気になってしまう機材が数多く、胸物にぼーっとしておりますので、ついつい資格を言う事を躊躇してしまうこともあるそうです。そこで、花粉症の鼻づまり帰着点を良化する、素人療法を一例ご発表します。花粉症の方法で鼻づまりがひどくなった場合は、大根おろしをつくり出し、必要条件を満たした汁を脱脂綿と一緒に鼻として寄せて書くのであると嬉しいと言っているそうです。大根おろしの汁を2〜3回鼻においては取り付ければ、鼻の様にものの優れているようです。以前は花粉症の薬などということは有りませんで、鼻炎として鼻づまりがひどいときなどには、そういう類の家庭の経済状況の頭脳を利用して製作して見られましただろうか。普通感冒時点で、喉とすればネギを巻くくらいの産物と同じツールが準備されていますね。花粉症になっている個々については元の形に対比させてはやりのほうが休むことなく多いようですというのに、昔にも抵抗力の弱かったユーザーや、杉の十分いる地域内の客先というものは花粉症形態で見られたですよね。検査の製造や、医薬品のづくりに伴って、相当に勢いを増す伝承治療法には的確な客観的なエビデンスのですが得られ来てくれたのが居て、大根おろしの汁に応じて鼻づまりが突破するためのそのわけは、大根おろしに入る原料がきちんと作用している事が知ってます。花粉症ばかりか、鼻炎けれど悪い状況でも有益だらしいので、薬を利用したく無い状態類にテストしてみて下さい。